予防や解消の努力をニキビのために継続しよう

予防や解消の努力をニキビのために継続しましょうね。
ニキビ予防には、まず洗顔をしっかりとすることが大切です。

その際にも間違った洗顔の仕方では効果がありません。

正しい洗顔を行なうことで、ニキビの原因となる皮脂や汚れを落とすことができます。

ニキビ対策としての正しいニキビ洗顔方法について説明していきます。

まずは顔を洗う前に手をきれいに洗浄しておきます。

手には多くの雑菌が付着していますのでそこからきれいにしておきます。

顔を洗顔するときは水ではなくお湯を使うようにすることです。

お湯といってもものすごく熱いお湯は使わないようにします。

熱すぎると肌の油分を必要以上に落としてしまいかえって肌トラブルの原因となるからです。

そのため顔を洗うときにはぬるま湯程度の熱さのお湯を使用します。

ぬるま湯を使うことで毛穴が開けることができます。

そしてそこから汚れや皮脂といったニキビの原因物質が落ちやすくなります。

ぬるま湯の代わりに、濡れたタオルをレンジでチンして蒸しタオルにして、少しさましてから顔にかけて使うという方法もあります。

そのようにぬるま湯や蒸しタオルで毛穴を開くことができたら、石鹸や洗顔料を使って顔を洗顔していきます。

よく泡立ててから顔全体をやさしくゆっくり洗うようにします。ゴシゴシ強くしたり爪を立てたりすると皮膚に傷をつけてしまいますのでやさしく洗うようにします。

おでこや小鼻部分は特に皮脂が多いところなので、しっかりと汚れが落ちるように洗っていきます。

洗顔が終わったら次はすすぎです。

すすぐ時も水ではなくぬるま湯で洗うようにします。

おでこや髪の生え際、あごなど泡が残りやすい部分をしっかりと洗うようにします。

石鹸や洗顔料などが洗い残してあるとこれがニキビの原因となることもありますので、しっかり洗い流すようにします。

ここでも熱いお湯は前述にあるように使わないようにします。

またシャワーで洗い流すこともよくないようです。

シャワーの水圧がニキビによくなく、肌のたるみを引き起こすこともあるためです。手を使って洗顔するようにします。

これで洗顔がおわり、最後に濡れた顔をきれいなタオルを使ってやさしく拭くようにします。

ここでも力を入れてゴシゴシ強く拭かないように注意します。

すべて拭き終わったあとに、乾燥を防ぐために最後に保湿を行います。

保湿クリームや乳液を塗りこんで、肌の水分が蒸発するのを防いでおきます。

以上が正しいニキビ洗顔方法になります。

洗顔を1日に何回も行なう人もいますが、そうすると必要以上に顔の油分が失われてしまいますので気をつけることです。洗顔は朝と夜の1日に2回ぐらいにしておくことです。

このように正しい洗顔方法を毎日継続しておこなうことで、ニキビの予防・解消につながります。

ニキビに効く洗顔料をただ買い求めて使うだけでは効果が半減します。しっかりと洗顔方法を覚えて、ニキビ洗顔をするようにしてください。