ニキビ症のためのメイクとクレンジング

ニキビが顔に出来ている場合、メイクでニキビを隠したくなりませんか?
赤みを帯びているのはとっても恥ずかしいですよね。
だけど、ニキビができている人にとって、実はメイクは大敵なんですよ。
というのも、ニキビができている人は肌がとても繊細な状態です。
その状態にメイクを重ねることで、毛穴をふさいでしまいます。
すると、さらに毛穴に汚れや皮脂がたまってニキビができていくという悪循環に陥ってしまいます。
だけど、女性であれば外出時にメイクをすることも求められますよね。
そういう時のために、皮脂の分泌を妨げないようなファンデーションを選ぶことをお勧めします。
メイク時に毛穴をふさがないようにするのがニキビケアの第一歩です。
ニキビで悩んでいる人におすすめしたいベースメイクの一つに、パウダーとファンデーションを両方使う方法が挙げられます。
まず、フィニッシュパウダーを肌に乗せておくことで、肌を滑りの良い状態にしておきます。
その上からパウダータイプのファンデーションを乗せることで、サラッとした印象の肌に仕上げることができます。
もちろん、肝心なのはメイクオフです。
ファンデーションやアイシャドウと言った系統のものは油性なので、オイルタイプのクレンジングできちんとメイクオフする必要があります。
ただし、オイルは肌にとっては余分なものであり、下手に残っていれば肌トラブルの原因となります。
そのため、クレンジングをした後は、洗顔料を用いて、きちんとクレンジング剤を流すことが大切です。
ちょっとした手間ですが、このひと手間がお肌の状態を整えてくれます。
ちなみに、この洗顔料ですが、界面活性剤が含まれているので、正しいニキビ洗顔方法で手早く洗顔することが肌のケアには必須です。
ニキビに効く洗顔料も数多く市販されています。ぜひ、自分にあった洗顔料をお使いください。