ニキビには顔を洗うほど良いって本当なのか

ニキビのもとになるのは、毛穴に詰まった皮脂です。ニキビ対策の基本はなんといっても洗顔ですので、まずは、ニキビ洗顔によって、トラブルを招く余分な皮脂を取り除くのがスタートラインです。
しかし、ここで注意したいのが「とにかく皮脂を取り除けばニキビが解消される」というわけではないということです。
とくにニキビを気にしている方は「洗えば洗うほど、そのたびにニキビが良くなるのではないか」という錯覚にしやすく、また、少しでも肌に皮脂がある状態だと「この皮脂がまたニキビになってしまうのではないか…」と不安になりがちで、洗いすぎてしまいやすい傾向にあるということ。
よくやりがちな失敗は、洗うときに肌をごしごしとこすること。なんとなく、「肌をこすると、そのまま肌表面のニキビもこすり落とされるんじゃないか…?」というイメージを持ってしまいやすいですが、これは間違いです。こすることで、デリケートになった角質層をはがしてしまい、今以上に外部の刺激に弱くなり、細菌等の影響を受けやすくなってしまいます。
皮脂を分泌する皮脂腺は、毛穴の奥、角質層よりもさらに奥の方にあり、肌は、ターンオーバーによって回復しますから、一日に何度も洗顔をしてもそれだけで翌日から肌がすべすべになる、ということは有り得ません。
ニキビ洗顔では、あくまで表面にたまって角質層のターンオーバーを乱している部分と毛穴に詰まった余計な皮脂のみを取り去るということに徹し、適切な成分のものを選ぶことが重要です。

ニキビに効く洗顔料は、こまめに、真剣に洗えばよいというものではないのです。ニキビ洗顔の時には、適切な洗顔方法が必要だということを認識し、ここで紹介したことに注意をしてください。