ニキビができる原因

ニキビができる原因は、毛孔に皮脂や隅栓が滞り炎症をおこして叶うという点では直接原因は同じですが、その関連になる原理が異なります。10代のニキビは過剰に分泌される皮脂が毛孔をふさぎ詰まらせることが最も大きな原因の一つです。

思春期には性腺の実施が活発になる結果皮脂線から過剰に皮脂が分泌されます。その皮脂が毛孔に詰まりアクネ桿菌が増えて炎症を起こす結果ニキビができてしまいます。

また、皮脂分泌が前向きで脂っぽくなる面持をすっぱりさせようとして脂落ちの良い洗いや洗浄で皮脂をなくしすぎてしまうことにより、皮脂が欠落したと勘違いした肌の細胞が一段と皮脂を分泌して肌を守ろうとする結果余計に皮脂を手広く分泌してしまうことも過剰な皮脂の原因になります。

そのため10代のニキビはT箇所や坊主など皮脂線が多いところにできるのも特徴です。大人ニキビは、性腺の実施による皮脂分泌ではなく、ホルモン釣り合いの乱調や就寝欠落、ストレスによるやり方やお肌の乾燥による代謝の乱調を通じて固くなった角質が毛孔に詰まって仕舞うことなどが原因になっています。

乾燥や代謝の後れにより角質が硬く厚くなり、毛孔を詰まらせてしまうのです。大人ニキビの直感として、皮脂分泌が少ないのに乾燥しやすい頬やアゴ周りにニキビができやすいのはこのためです。